こんなに便利!イマドキの夜行バス

個室感覚でゆったりできる?!

遠出するのに夜行バスは、狭いし長時間座っておかなければいけないししんどいな。と思われる方も多いのではないでしょうか。しかし、最近の夜行バスは、新幹線や飛行機のビジネスクラス級にまで進化していて、長旅を安くて楽しめてとても便利です。 従来のバスは真ん中に通路があり、通路を挟んで2列、2列で座席が配置されていましたが、最近は1列1列1列のそれぞれの間に通路がとられ、すぐ隣に乗客はおらずトイレに行く際も、隣の人に気を使わず行く事が出来ます。 また縦列の数を少なくして、シートがリクライニングしやすいようになっており、快適に夜間を過ごし朝を迎える事ができるようになっています。夜行バスによっては、パーティションで仕切れるものもあり個室感覚で、ゆっくり過ごせるバスも最近では多くなってきています。

驚きの豪華装備!?夜行バスの魅力

個室感覚でゆったりできることだけではなく、その他の装備も素晴らしくなりとても便利になっています。個室の様になった、リクライニングシートには、ひとつひとつ大型のプライベートモニターがついているものもあり、自分の好きな映画やテレビ、音楽やゲームなどを楽しむことができます。また、コンセントはもちろん、無線LANもありインターネットの利用も可能で、照明やテーブルも装備されているので、ビジネスで利用する場合は、仕事が出来て便利だという声も多いです。
また、その他にも、寒さ対策として大型のブランケットが用意されていたり、低反発の腰ピローやミニ枕などで長旅を快適に過ごせる工夫がされていたり、歯ブラシセットなどのアメニティが置かれている場合もあります。
今時の夜行バスは、本当に豪華で快適に過ごせる便利な工夫がたくさんあります。